読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CACTUS & PLAID

手先も不器用なら人間関係も不器用・・・。そんな全てにおいて不器用な男が自由に表現するブログ

TOSHIBA 東芝 無線LAN搭載SDHCカード FlashAir 購入

 最近はWi-Fi機能の付いたカメラが増えましたが、わたしのカメラにはWi-Fi機能は搭載されていないので、無線LAN搭載のSDHCカードである東芝のFlashAirを購入しました。

 自分一人で楽しむ分には自宅でパソコンにSDカードを入れたり、USBでカメラを繋いで取り込めばいいんですけどね、友達なんかと共有したい場合はWi-Fiスマホから直接SDHCカードにアクセスしてもらって、欲しい画像なり動画をダウンロードしてもらえばいいだけなんで便利かなって思います。

写真をプリントして渡すって時代でもないですし、画像としてスマホに渡せれば、そのほうがもらった側の使い勝手もいいですよね♪

 

設定も簡単

東芝のHPからFlashAir Toolをダウンロードして、パソコンやスマホにカードを挿してSSIDとパスワードを自分の好きなように設定して初期設定終了。わたしはiPhoneなんでSDカード挿入できないのでスマホでの設定の仕方は分からないけど、同じようなもんだと思います。

あとはブラウザを開けば勝手にFlashAirに飛びます。もしくはスマホアプリもあります。

ちなみに私はデジタル音痴なので日本語マニュアルの付いた国内正規品を買いました。

 

正直なとこ、Wi-Fiが結構すぐ切断されたりしてストレスはあるんだけど、それが不良品なのか、そういう製品のレベルなのか、アプリではなくSAFARIで繋いでるからなのかはよく分かりません・・・。常時Wi-Fi電波を発信しているせいか、バッテリーの消費も早いように感じます。

でもまぁ、全くWi-Fiが使えないよりは断然便利かなって思います♪

わたしの場合はカメラ用途ですが、他の機器でもWi-Fi使えると便利なものってあるかみしれませんね。東芝のFlashAirの製品紹介のHPに動作確認機器の一覧表がありますんで、興味のある方は確認してから購入するとよいと思います。

 

今日は苦手なデジタル機器の記事でした(笑)

スティーヴ・ヴァイのファンとブルース好きにお薦めする映画・クロスロード

わたくし不器用問屋のブログで非常に長いこと検索で訪れる人が絶えない記事がある。それはこちらの記事である。

 

takamisawa.hatenadiary.com

 

ただ単にハエハエカカカを検索してるんだか、フランク・ザッパを検索してんだか・・・よく分からんが、不器用問屋はスティーヴ・ヴァイを検索してるんではないかと予想している。

わたくしと同世代で、80年代半ばあたりにギター・キッズ時代を過ごした方ならご存知の映画だと思うが、最近のギターキッズはもしかして知らないんじゃないかと思い記事にした次第である。

 

クロスロード 

 

映画のタイトルは、交差点で悪魔に魂を売ってギター・テクニックを手に入れたと言われている伝説のブルースマンであるロバート・ジョンソンの曲名ですね。

エリック・クラプトンを筆頭にたくさんのミュージシャンがカバーして、もはやブルースのスタンダードみたいな曲だし、ブルース好きで知らない人はいないであろう有名曲なんであまり解説はしない。

 

映画のストーリーはブルースマンを目指す少年が、伝説のブルース・ミュージシャンと武者修行の旅みたいなのをするロードムービーである。

ストーリーはともかくとして、この映画の一番のみどころは若き日のスティーヴ・ヴァイが、悪魔に魂を売ったギターリスト、ジャック・バトラーという役名で出演していることだ!

映像の一部がYouTubeにあったので貼り付けておく。


Steve Vai - Crossroads guitar duel (HD)

 

ギターに興味ない人はご存知ないかもしれないが、スティーヴ・ヴァイってのは、エレキ・ギターを弾く人で知らない人はいないぐらい超絶有名で超絶技巧で超絶変態ギターリストなのである。

86年の作品なんで、デヴィッド・リー・ロスのバンドに加入したかしてないかってあたりの年代の映画です。

 

映画の音楽はこれまたボトル・ネック奏法の達人であるライ・クーダーが担当している。

ライ・クーダーは数多くの映画のサウンドトラックを手がけているが、本作のサントラも素晴らしい。

クロスロード オリジナル・サウンドトラック

クロスロード オリジナル・サウンドトラック

 

 

映画の中の主人公のギタープレイもライクーダーが吹き替えで演奏しているらしく、ブルースギター好きにはたまらん音楽を聴かせてくれてます♪

スティーヴ・ヴァイ扮する、ジャック・バトラーとのギター・バトルの最後のほうの速弾きはスティーヴ・ヴァイが吹き替えも担当しているみたいですな。

このバトルの最後のほうのクラシカルなフレーズってたぶん、悪魔に魂を売ったヴァイオリニスト・パガニーニの曲だと思われます。この辺に遊び心が感じられます(笑)

 

映画のストーリー自体より、ギターを楽しむ映画って感じですね☆

 

 

料理が苦手な人でも3分で作れる、ペヤング ギリ・チョコレート

f:id:TAKAMISAWA:20170212152027j:plain

わたしはチョコレート依存症なんでね、買ってきましたよ♪

味には全く期待してないけど、食べとかないと来年は発売されるか分からんしな・・・

さっそく調理して食べてみよう!(調理といってもお湯を入れるだけだがw)

 

3分待ってソース入れてかやく振りかけて完成!

f:id:TAKAMISAWA:20170212152555j:plain

牛乳とコーヒーで悩んだんだけど、牛乳をチョイスしました。

コップは言わずと知れた国民的ヒーローであるアンパンマン

ベルギー王室の食卓気分でいただこうと思ったんだけど、なんだかちょっと色が足りない感じですな。パプリカとかトマトとか色のある野菜を用意しといたほうがいいかもね! 食事は見た目も重要です!

 

お味のほうは・・・んまっ! 旨っ! 馬…

これは食事というより、おやつ向きだと思います。

食パンにチョコレート・クリームを軽く塗って挟んで、やきそばサンドにしたら結構イケるかも!

 

味覚は人それぞれなんでね、どう感じるかは個人に与えられた自由だと思います(笑)

わたくしの個人的な意見ですが、これではまだまだショコラの本場ヨーロッパでは通用しないと思います。改良の余地がたくさんあります。

 

ヨーロッパで通用するサッカー選手より、ヨーロッパで通用するジャンク・スイーツを切望する不器用問屋がお送りしました。

 

  

 

 

ショコラ×ショコラ 小田急百貨店 新宿店

f:id:TAKAMISAWA:20170211113520j:plain

バレンタインデー前の最後の週末は小田急百貨店 新宿店で開催中の「ショコラ×ショコラ」に出かけてみるのはいかがでしょう?

行かなくてもサロン・デュ・ショコラと同様に、これまたWebカタログだけでも楽しめちゃいますね♪

チョコレートをおかずに玄米3合は食べられる私は、吹き出物と格闘しながら毎日チョコを食べてますよ。引き出物じゃなくて吹き出物ですよ!

もうね、たぶん私はチョコレート依存症ですね・・・。コーヒーやタバコと同じようにチョコが欲しくなります(^^;)

 

エルセーヌ☆若々しさの秘訣はお肌の浄化『光フェイシャル浄化コース』 

ニキビにさよならする

奇跡の泡!薬用ニキビ石鹸

 

バレンタインにチョコをあげる相手がいなくてお困りの場合は、わたくし不器用問屋がありがたく頂戴して消費いたします(笑) トイレットペーパー・高級化粧紙との交換等はおこなっておりません。

 

東京はイベントがたくさんあって、なまら楽しいなぁ・・・☆

 

書店員 波山個間子 (1) (it COMICS)

書店員 波山個間子 (1) (it COMICS)

 

 

龍神を求めて、東京都杉並区 馬橋稲荷神社へ

40代半ばにして暴走族マンガである特攻の拓に出てくる天羽セロニアス時貞とルシファーズハンマーに憧れてる不器用問屋です。天羽といえば龍神ですね。風神・雷神は寺で出会う機会も多いが、寺や神社でに出会う機会は意外とあまりないような気がしませんか?

てなわけで、今日は龍のいる神社のご紹介です。

 

東京都 杉並区 馬橋稲荷神社

f:id:TAKAMISAWA:20170206201456j:plain

なんの変哲もない普通の神社に見えますか?

じつはこの神社の鳥居が凄いんです、見てくれ!

f:id:TAKAMISAWA:20170206201845j:plain

向かって左側の柱には昇り龍、右側の柱には降り龍の双龍が巻きついている。

 

後ろから見るとこんな感じで、しっかり巻いてるのが分かると思う。

f:id:TAKAMISAWA:20170206202235j:plain

 

手水舎も立派なもんです。

f:id:TAKAMISAWA:20170206202640j:plain

 

ベンチは龍ではなくカメのようです。カメヤマローソクって有名なんかな?

f:id:TAKAMISAWA:20170206202850j:plain

 

ちなみにみなさんは、龍とドラゴンの違いはご存知ですか?

ドラゴンってのは羽が生えた恐竜みたいなやつが空から地上にやってくるモンスターで、龍ってのは地上の水面から昇って行く神様的な扱いです。英語ではドラゴンと訳してますが、モンスターと神という真逆の存在なのでした。

 

馬橋稲荷神社はJR中央線 阿佐ヶ谷と高円寺の中間あたりにあるので、龍神に出会いたい方は是非! 

 

 

成功している人は、なぜ神社に行くのか?

成功している人は、なぜ神社に行くのか?

 

 

 

スタジオジブリ

昨日の記事のブコメで、オレンジ(id:mata1)さんから「サンタモニカのちょい上の辺りに、イームズ・ハウス というのがあって、行ってみたいなぁ と思いながら、未だに行ってないです。何時でも行けるというのも考えもんです。」というコメントをいただきました。(全文を載せてしまいました。オレンジさんすみません。)

わたしにもそんなあまりにも近所に存在していて、行ってみたいなぁ・・・どころか毎日のように前を通っていて、写真を撮るって発想すらなかった場所があります。

こちらの建物です。

f:id:TAKAMISAWA:20170125204248j:plain

左の木の植え込みにはこんな表札?があります。

f:id:TAKAMISAWA:20170125204549j:plain

15年ほど前に、ここから10mくらいの場所で半年ほど暮らしてたのですが、当時はこんな表札というか看板みたいな物はなかったはずで「たぶん雰囲気的にここがジブリなんだろうなぁ・・・」と推測していただけでした。この界隈にスタジオジブリがあるのは地元では誰もが知っていたし、宮崎駿を目撃した話しはしょっちゅう聞いたし、地元の居酒屋でジブリのスタッフの人達が飲んでいたりで、詳細な場所は分からないまでも存在している事は知っていたのです。ちなみに私は宮崎駿の顔はイジリー岡田の物真似しか知らないため、目撃したことあるかどうかは不明です・・・。

f:id:TAKAMISAWA:20170125205553j:plain

「見学はできません」って張り紙が貼ってあったので、わざわざ訪れたりするのはお薦めしません。 

 

向かい側には2号館みたいなのもありました。

f:id:TAKAMISAWA:20170125205900j:plain

 

 

近所にあるってこととは全く関係なく、実はわたくし不器用問屋はスタジオジブリの作品って特に好きってこともなかったりするので、興味が湧かなかった部分もあるかもしれません。

好きか?or 嫌いか?って極端な話しではなくね、ハマったりするほどではないって意味です。カリオストロの城より、30分のテレビ・シリーズのルパン三世のほうが個人的には好きって程度です。

ナウシカラピュタなどをオモシロイと思って観たこともありますし、皆さんの評価が高いのもちゃんと分かります♪

 

わたしの生息する小金井市近郊は昔から、スタジオぴえろ竜の子プロがあったりして何故かアニメーション・スタジオが多くありました。現在はないと思いますが。

 

そんなこんなで今日は日常的に目にしていてなかなか気付けない素敵な器具も撮影してみました。

こちらの写真には不器用問屋の愛が感じられますね。

 

表参道ヒルズ公衆便所の小便器。

f:id:TAKAMISAWA:20170125212139j:plain

昨日のイームズ・チェアに似てますが、イームズ夫妻のデザインではないと思います。

表参道ヒルズみたいなトイレのあるショッピング・モールの横に公衆便所があってもさほど有難さは感じませんけどね。私は店内のトイレより路上の公衆トイレが好きってだけです。店内の綺麗なトイレも喜んで使いますし、皆さんの評価が公衆便所より高いのもちゃんと分かりますよ♪ 2時間のアニメ映画よりも、30分のテレビ・アニメが好きってのと同じことです。

 

トイレの近い不器用問屋は都内の公衆便所はかなりの数を把握してますので、おいおい当ブログでご紹介できればと思います。

 

 

 

EAMES FILMSで創造力を磨く

旧き良きアメリカをこよなく愛する不器用問屋です。

先日、埼玉県ジョンソンタウンを徘徊して思ったんだが、イームズ・チェアってやっぱアメリカン・インテリアには欠かせないのかなぁってくらい見かけた。

ちなみにこんな椅子ね。

 

わたくし不器用問屋はイームズチェアのデザインで知られる、チャールズ&レイ・イームズ夫妻のDVDをひさびさに観てみた。

 

EAMES FILMS:チャールズ&レイ・イームズの映像世界 [DVD]

EAMES FILMS:チャールズ&レイ・イームズの映像世界 [DVD]

 

 

デザイン学校に通っていた人なんかは授業で観たことあるかもしれないが、非常に想像力をかきたてられる作品だと思う。

ちなみに不器用問屋はデザインなどとは一切関係のない人間なんだが、クリエイティブな感性は常に磨いて行きたいと思っている。

このDVDにも収録されている短編フィルムの傑作と言われている「パワーズ・オブ・テン」がYouTubeにあったので貼り付けてしまいます。

Powers of Ten (パワーズ・オブ・テン) 日本語字幕

1970年代のCGのない時代にこういった実験的な作品をいくつも撮っていたイームズ夫妻って凄いなって思う。

ちなみにわたくしはこのDVDの中で「カレイドスコープ・ジャズ・チェア」という作品が好きだ☆ カレイドスコープ(万華鏡)的な作品で、たくさんのイームズチェアを使ったアニメーション的な部分がお洒落でカワイイ♪


Kaleidoscope Jazz Chair (excerpt) - Charles and Ray Eames

 

デザイナーが作った映像作品集ってことで、インテリアに興味ない人でも観てみる価値はあると思う。

クリエイティブな感性が刺激される作品集だと思います。