読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CACTUS & PLAID

手先も不器用なら人間関係も不器用・・・。そんな全てにおいて不器用な男が自由に表現するブログ

TAXI DRIVER ロバート・デ・ニーロかっこいいなぁ♪

写真 映画

f:id:TAKAMISAWA:20170302182408j:plain

不器用問屋の私物を公開します。

後ろか覗き込んでるのは不器用問屋教で信仰されている神様の肖像画です。(←ウソです。わたくしが個人的に崇拝しているだけです。)

この画像の洋服(M-65)を見て「TAXI DRIVERだ!」と気付いたあなた、きっとあなたは家で鏡に向かって拳銃を撃つ練習をしながら「You talkin' to me?」とか言っちゃってる、ちょっとイカレた危険な男かと思われます。ちなみにこのセリフはアメリカ映画の名言100選で10位にランクインしているそうです。

 

ミッキーのTシャツはね、アメカジ&渋カジ(渋谷カジュアル)全盛の時代に青春時代を送った世代は大好きなんですよね♪ さすがに40代半ばともなるとミッキーマウスのTシャツを着て外出するのは恥ずかしいので、通常は額に入れて壁にディスプレイされているんですが、今回は不器用問屋様の粋な計らいで日の目を浴びる機会を得ることができたようです。We Are The Peapleの缶バッジも普段は付けてません。

 

このタクシードライバーのレプリカのMー65を着て真夜中のコンビニに買い物に行くと物凄い高確率で「タクシードライバー・モデルですよね?」と夜勤の店員さんに声をかけられる・・・。

 

ちょっと遅くなりましたが、意味不明の人のためにいちおう説明すると、こちらの映画でデ・ニーロが着ているアウターのことです。  ランボーって映画でランボーが着てるのもキングコングのワッペンは付いてないけど形は同じM-65ですね。

 ロバート・デ・ニーロマーティン・スコセッシ監督の名がビッグになったきっかけの映画ですかね? カンヌ国際映画祭でグランプリを受賞した映画です。

わたしは常々、ハッピーエンドだとかヒーロー至上主義的なアメリカ映画はあまり好きではないと言ってきておりますが、わたくしの中でもかなり好きな映画となっております☆

まず一番に挙げる点は、映像がとにかくかっこいい!

音楽もかっこいい! ストーリーや内容のイカレっぷりも素晴らしい!

世の男性諸君に私は言いたい! オンナってのは優しい男よりも、危険な香りが漂う野性のオスに魅かれるのだ! 家庭的な男など必要ない!孤独こそが男の美学だ!

 

こういった古いけど超有名な映画の話しってネタバレとか関係ないのかな? いったいどこまで話していいんだろう・・・

ラストに関しては非常に悩む不器用問屋であるが、この映画に関してはこのラストがいいんだと思う! こんだけ何人も人を殺せば、悶々と暗く終わって行くかと思いきや・・・

観たことある人は知ってるだろうし、観たことない人は観たらいいんじゃない?

 

今夜はこの辺で終わりとさせていただく。

大好きな女性をポルノ映画に連れて行ったりしないようにな☆

 

↓ TAXI DRIVERになりたい人はこちらからどうぞ♪